09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

お母さん。 







いつの間にか 暑い暑い夏が終わって
その日、人間のお母さんは風邪をひいていて
めずらしく カブくんがお母さんのお布団の足もとで寝ちゃうくらい寒い日でした。



実はカブくんは 前にいたおうちでは とっても甘えん坊だったのですが
新しいおうちでは 甘えん坊ではありません。

だって、ここんちには 双子ののっぽの男の人がいて
「カブくん可愛い~!」と言いながらすぐに抱っこしようとするのです。

カブくんは「やだ~!」とないて おろしてもらうのですが
少し経つと、また おんなじ顔をした 違うのっぽがやってきて
「カブくん可愛い~!」と抱っこするので たまったものではありません。

先輩猫の カル兄さんとアフロさんは逃げるのが早いのですが
それでも時どきつかまって抱っこされちゃうのです。





目が覚めたお母さんが カブくんに気付いて 嬉しそうに頭をなでました。
でも、カブくんは さわられたくないので 違う場所で寝ることにしました。

お母さんは泣きました。
でもそれは カブくんのせいではないのです。
今年死んでしまった先輩猫さんのことを 久しぶりに思い出してしまったのです。


夜は カル兄さんが お母さんの横で一緒に寝ました。
お母さんは なるべく動かないようにして カル兄さんの暖かさを感じていました。



次の日も またまた寒い朝でした。
カブくんは とってもオナカがすいていたので お母さんの手をなめてみました。
お母さんは 嬉しそうにクスっと笑いましたが起きません。

カブくんはお母さんのあたまの毛を ムシャムシャ噛んで引っ張ってみました。

お母さんは「ハゲる!」といって飛び起きて お皿にカリカリをよそってくれました。
なんでか知らないけど ニコニコ笑っていました。
風邪もいつの間にか治ってるみたいでした。



カブくんは お母さんのあたまが暖かかったので
ソファーの上から両手をのっけて あったまってみました。
お母さんは なるべく動かないようにして カブくんの暖かさを感じていました。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








カブくんの本当のお母さんに フェルトの額を作りました(*^_^*)




2011 01 05_00212011 01 05_00222011 01 05_0023

↑↓ 左は 前のおうちで一緒だったムウさん。

20110091210200003.jpg


夏前の“毛刈り”で 大量にとってあった カブくんの毛をちょっとだけ使っています。

でも、猫の毛は 本当に“猫っ毛”でなかなかうまく植毛できません。

なので カブママさん、額にお顔を近づけてよ~く見て

カブくんの毛が使われている部分を 探してみてくださいね(^_-)-☆



元ママさん=カブママさん=本当のお母さん、

私に可愛いカブくんを託してくださって有難うございました。

カブくんが来てくれたおかげで ガブを失って色も光もなくしてしまっていた私の世界に

生き生きとした総天然色が 再び鮮やかに蘇りました。

まだまだ 本当のお母さんにしていたようには甘えてくれませんが

少しずつ慣れてくれたらいいなと思います。

カブくんを手放さなくてはならなくなった カブママさんのお気持ちを考えると

本当にお辛いことと思います。

でも、おうちもそんなに遠くないことですし

ガマンできなくなったら いつでも会いに来てくださいね。




・・・最近、「犬の方が上手いんでナイの?」と言われるママンであります・・(^_^;)

そのうちカブくん人形も作りますね~!!・・・猫、上手になったら・・m(__)m




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







↓ 私の頭で暖をとるカブくんと 先代ガブにもムシャムシャやられて 後退してきている私のデコ。

20110091210150006.jpg











↓ のっぽの双子の原始人の足。 ( 仲良くリビングで熟睡中。 )

P1160451(1).jpg






スポンサーサイト

[edit]