03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

ワークショップのご報告 




相変わらずコメントのお返事遅くて申し訳ありません
ご訪問も少しずつ行かせていただきますね(汗)



イベントから今日で一週間になりますので
すでに他の方のところでご覧になってるかとは思いますが
鳥さんのワークショップのご報告です

陶芸カフェCAMDENさんには
2年くらい前からちょこっとお人形を置かせていただいておりまして
今回の展示会&ワークショップにも
以前お店で私のお人形をご購入くださったことのあるお客様や
いいなと狙っていたら売れちゃってたというお客様も(残念でした!)
たくさんいらしてくださって嬉しかったです


ワークショップ初日の参加者は
ゆぼぼさん、くりひなママさん、しあママさん、チャコまむさんの4名です♡
(一日目のお写真は全てくりひなママさんにお借りしています)


最初に仕上がったのはくりひなママさん。
長くチクチクすると頭がシェイクされるから(笑)と
茶白さんのボディに“デコ”を楽しみました♪
くりひなママさん放置してても全然OKで
こんなに可愛らしく仕上がりましたヽ(・∀・)ノ
“羽の模様が盾のようになった”と反省しきりでしたが
色と素材の違いのグラデが楽しくとっても素敵な作品と思います

DSC_0267_20160923145342754.jpg



↓“デコ”の材料の毛糸や糸たち
家にあるもの全部は持ってこれないので少しずつ小分けにしてご用意しました

DSC_0243_20160923134540d16.jpg




↓こちらは作業中のチャコまむさん
ぎゅうぎゅう詰めにしてきたカラー羊毛も膨張して溢れとります
この他にチョンチョロリン用のクリクリのカラー羊毛もあります♡

DSC_0272_20160923145440833.jpg

↓大人な色の素敵な青い鳥さんを作られました
くるくると羽に模様を入れるなどとてもオシャレなデザインです
“ヅカ”ファンとしてはさらにまた大きな羽飾り背負わせたいかも(^ω^)?
チャコまむさんきっといろいろ素材お持ちだと思うので
たとえばビーズで王冠編むとか首飾りつけたりも可愛いかと思います

DSC_0294_2016092314570677c.jpg

↑な~んて記事書いてご訪問いきましたらとっくにカスタマイズ完成しちゃっておりました♪
↓さて、どこがどう変わったでしょう( ´艸`)?

c5b5c5ae-s.jpg

青い羽が欲しくてネットで買ったら結構な量が届いたとのこと
そうなんです、一体に使う分は少しでも
欲しいものを欲しいぶんだけ・・ってほとんどムリです
はじめましてのお客様には実際にかかる材料費のこと聞かれたりもしましたが
どれもこれもお金と時間と労力かけてコレクションしてきたものばかりだし
物質的なことだけでなく、
チャコまむさんがこんなふうに作り上げれる
アイディアやテクニックだって今まで積み上げてきたわけで
全部ひっくるげてプライスレスと思います







↓こちらはゆぼぼさんの作品
色合いがとってもゆぼぼさんらしくて可愛いです
作り途中、水色とグリーン混じりの青の尾羽部分が
イルカさんのお口みたいと盛り上がりました( ´艸`)
飾りはポンポンのついた糸でシンプルに♡
頭のチョンチョロリンは真ん中を刺しすぎると開いて
カッパさんになるのでご注意くださいね~

DSC_0295_201609231457084fa.jpg






↓こちらはしあママさんの作品です
今回ワークショップ参加してくださった8名さまのうち
ただお一人基本の“茶白さん”を作ってくださいましたo(^▽^)o
お鼻部分作りながら大爆笑となりましたが可愛く出来上がりました♪
茶白さんももちろんデコOKです
グリーンの毛糸とカラフルな糸を使ってとてもいい感じです~♪

DSC_0288_20160923145540b02.jpg








二日目の参加者はお二人です

Aさん、Bさんともにカラーの鳥さんを最初から作るコースでスタートしましたが
最初の“玉”を作る段階で指先が痛くなってしまったとのことで
(最初ちょっと力とコツいるかもですね)
Aさんは“カラーのボディにデコる”コースに変更となりました

トリ1609060024

↑ボディは羽・尾羽・背中などのパーツが分かりやすいよう色分けしていますが
どんどん色を重ねて見えなくしちゃって大丈夫です


Aさん、もともとテキパキと手早い方なのでしょうね。あっという間の完成です♪
↓じゃじゃ~ん可愛いパリジェンヌ風♡
濃いピンクと柔らかな紫のちょっと難しそうな色の組み合わせですが
すごく上手に使いこなしてらっしゃいますねヽ(・∀・)ノ

カムデン展示会1609230003(1)




↓そしてBさんは結構キッパリとした赤と緑を選ばれました
情熱的な色同士の組み合わせですがとっても穏やかで優しい感じがするのは
作り手さんの雰囲気が伝わっているからなのでしょうねヽ(´▽`)/
丁寧に丁寧に作り込んでおられました
このあと赤い羽部分にちょこっとビーズ入れて
小花の刺繍とかしても似合いそうですね♪

カムデン展示会1609240019(1)











そして三日目も二名様にご参加いただきました
Cさん、Dさんとも“カラフルな子を最初から作るコース”で
今回このコースを選ばれたのは8名中5(6)名様と人気でした

↓頭のチョンチョロリン~尾羽ピンクに
青と緑の組み合わせがとても綺麗なCさんの作品♡
とても真面目に黙々と取り組んでくださって有難うございました
両羽の先っぽは刺し固めずあえてふわんとしたデザインです
最終日であれ以上延長出来なくてすみませんでした
この子は柔らかい仕上がりになっていますが
さらに刺し固めることにより上記のみなさまの作品と同じように
クッキリした感じにすることも出来ます

カムデン展示会1609240050(1)






最後はDさんの作品です
↓この角度からだとこんな感じですが

カムデン展示会1609240047(1)

↓後ろはこうなっています

カムデン展示会1609240048(1)

“羊毛はふわふわのほうが可愛い”という確固たる信念で
アーティスティックな鳥さんを作られました

三日間ともに同じ見本を見ながら同じようにお教えしてたのですが
Dさんの独自のものを作り出したいという熱い思いに負けました(笑)




みなさま、大変お疲れ様でした。当初の予定では
2時間あれば仕上がるのでは?と思っていたのですが
展示会も兼ねているため度々席を離れることがあり
二日目、三日目は人数少ないにもかかわらず時間延長となりました
思うようにスピードアップすることが出来ず申し訳ありませんでした
こんなに時間がかかってしまってだいぶお疲れではと思いましたが
みまさま楽しんでいただけたようでとても嬉しかったです

羊毛フェルトは大変時間のかかる手芸(アート)ですが
鳥さんは入門編というか
球体や平面状のパーツを作ったりそれぞれを刺しとめていくうちに
自然と針の刺し方や硬さの具合などのテクニックも体得できますし
また、自由に素材を重ねる楽しさも味わっていただけたのではないかと思います
ワークショップは見本の作品を気に入って作ってみたくなった方、
せっかくなので基本から教わりたい方、
一回コッキリで楽しみたい方、いろいろいらっしゃると思いますが
羊毛フェルト作品は摩擦でどんどんフェルト化しますので
たとえば持ち帰り時に使う袋などでも
なるべく振動によるストレス受けにくいよう考えておりますし
出来た瞬間のデザイン的なことだけでなく
せっかく作ったお人形を長く楽しんでいただくためにも
しっかりとした仕上げのほうがいいかな、とは思います







この“鳥さんのお人形”は2年くらい前に考案したもので
犬や猫と比べると形状の簡単な鳥をエッグスタンドや巣材を使うことで
面倒そうな“足”を作らなくても良いようにしています
↓こちらのケースの鳥さんたちはその頃の作品で
(くりひなママさん、お褒めいただいてありがとう!非売品でゴメン!)
青い鳥さんなどは一度水で洗いをかけた羽にビーズをつけたり
それぞれ凝りまくって作成しておりました

mnnainneko27.jpg

来年が酉年ということもあり久々に作ってみたわけなのですが
使用していたエッグスタンドがいつの間にか終売となっており
いろいろ探してこの小さなコーヒーカップとブリキの(?)バケツにたどり着きました♡
巣材の上にお人形を乗せて向きや角度を変えたり
2体、3体と複数体高低差をつけて飾ったりしても楽しいと思います

今回ワークショップで作っていただいたお人形も
フェルティングニードル(針)があればお手持ちの毛糸や羊毛を使って
さらにカスタマイズ(?)していく事もできますので
もっとイジりたい方はやってみてくださいね♡

ではではみなさま、本当にお疲れ様でした!!
そして楽しい三日間を有難うございました~!!







スポンサーサイト

[edit]

有難うございました 


「CAMDENさんでmaman ga bu!」が無事終了しました

カムデン展示会1609230001(1)

会期中は毎朝起きるたびに
「今日も雨か~」とガッカリなお天気でありましたが
ギャラリーのドアを開けるとそこはまさに私の夢の世界で

カムデン展示会1609240026(1)

新たに生み出された子たちも
長いあいだ箱の中で出番を待っていた子達もみんなキラキラと
たくさんのライトを浴びてとても幸せそうに輝いて見えました

カムデン展示会1609240011(1)
カムデン展示会1609240041(1)
カムデン展示会1609240040(1)
カムデン展示会1609240043(1)
カムデン展示会1609240027(1)
カムデン展示会1609240028(1)
カムデン展示会1609240029(1)
カムデン展示会1609240031(1)
カムデン展示会1609240036(1)
カムデン展示会1609240037(1)
カムデン展示会1609240042(1)

非売品の子も何体かありまして申し訳ありませんでした
今回は鳥さんが人気で嬉しいことに品薄になってきたため
↓お教室用のボディを持ち帰りデコって新たな参入も(^^♪

カムデン展示会1609240032(1)

他にもこの度ご縁がありましてお嫁入りさせていただいた子たくさんおりました
みなさま本当に有難うございます



出品した作品はまだまだたくさんありますが
特に初日はカメラの腕の確かな友人たちが来てくれてたので
私はこの日一切カメラに触らずに安心してお任せしきっておりました(^^♪
↓ブログアップしてくださってるのでご覧下さいませね♪


ソラの空  maman ga buさん個展1
       maman ga buさん個展2
 
スコ嬢  「maman ga bu 展示会&ワークショップ」その1
      「maman ga bu 展示会&ワークショップ」その2
      「maman ga bu 展示会&ワークショップ」その3
「maman ga bu 展示会&ワークショップ」 その4

ゆるゆるニャンず2  ママンさんの


kayのブログ  必見♪「CAMDENさんでmaman ga bu!」

空と陸    maman ga buさん!!!
(こちらには亡きユーゴくんのお人形をロシアのお母さんに
 届けてくださったときのお話も書かれています)




みなさま有難うございます!
これからも記事書いてくださった方のブログアップさせていただきたいと思います
どうぞよろしくお願いいたします 











“友情展示”としてチャコまむさんとくりひなママさんの作品も飾らせていただき
そのクオリティーの高さにみなさま感心されていました

カムデン展示会1609240014(1)

↑チャコまむさん

カムデン展示会1609240016(1)

↑くりひなママさん









また、美味しいお菓子の差し入れや
綺麗なお花もたくさん頂戴いたしました

カムデン展示会1609240045(1)
カムデン展示会1609240020(1)

↓お手製のステンドグラスのトレイを頂戴したので
さっそく一緒に飾らせていただきました

カムデン展示会1609240024(1)

嫌々お手をしていたはずの柴犬さんも何やら嬉しそうな表情に♡
素敵な作品を有難うございました
みなさまのお心遣いに深く深く感謝いたします






素敵なギャラリーを提供してくださった「陶芸カフェCAMDEN」さん
有難うございました。お世話になりました
3日間ともBLTサンドとレッドオレンジジュースをランチで食べていましたが
とても好きです♡また食べに行きますね

カムデン展示会1609240018(1)

羊毛フェルトを初めてご覧になった方もたくさんいらしたようなのですが
会場に入った瞬間、みなさまが「わあ~♡!!」と言ってくださって
にっこりと微笑みながら何回か行ったり来たりして
じっくりと作品を見てくださったのも嬉しかったです
お足元の悪い中お近くから、または遠方よりも
たくさんの方に来ていただいて本当に有難うございました
展示だけを見られた方、ワークショップにも参加された方
カムデンさんの美味しいランチやドリンクを堪能された方
みなさま楽しんでいただけてましたら幸いです

みなさまで今回のイベントを盛り上げていただいて
本当に感謝・感激です。有難うございました。



初めて自身で企画・実行した展示会でしたが
自分がなんと羊毛フェルト(ニードルワーク)オタクで
それ以外はなんとも気がまわらず
せっかくいらしてくださったのに、ああすれば良かった
こう言えば良かったと思うことが山積みです
また、普段から引きこもってチクチクの超不健康な生活のせいもあり
体力的にも最初の搬入でヤられました

搬入・搬出をすべてお任せして
真ん中のいいところだけ顔を出させていただいてた
過去二回の京都での展示会のことも思い出し
なんとも申し訳なかったと
あらためてみなさまのご友情に深く感謝です


こうしてブログ書いていても感謝の言葉とともにお名前列挙したい方
大勢いらしてとてもとても書ききれません
羊毛フェルトの先生もお忙しい中駆けつけてくださって有難うございました
そして、遠くから声援を送ってくださったブロ友のみなさま
本当に本当に有難うございました



最終日にサプライズでロキソニンテープ持って
撤収のお手伝いに来てくださったチャコまむさん
ものすごい勢いでテキパキと片付けてくださって本当に助かりました

カムデン展示会1609240055(1)

私はといえばアタマ真っ白でひとりオタオタしておりました
すみません、未だにちょっとバタバタ続いておりまして
コメントのお返事やブログへご訪問滞り気味になるかと思いますm(_ _)m
会期中はとても楽しく賑やかに過ごさせていただいておりましたが
こうして記事を書いていましたらなにやらしんみりとなりました
次のワークショップの記事ではいつのも私に戻っていますね

ではでは!何度も何度も重ねて有難うございました!!



[edit]

カムデンさんの行き方 



展示会とワークショップの会場となります
陶芸カフェ・カムデンさんへの行き方です♪ 
(住所: 埼玉県越谷市袋山1447  TEL: 048-979-9127)

東武スカイツリーライン『大袋駅』下車、西口です
※各駅しか止まりませんのでご注意ください
お店までは徒歩で2分くらいです

カムデン1608120001



階段を降りたらそのまま直進です

カムデン1608120002



↓“もつ焼きいしん”さんを右折します

カムデン1608120003

カムデン1609120001
カムデン1609120002

↑角にブタさんがいるかも?





↓直進です

カムデン1608120004



↓最初の交差点も直進です

カムデン1608120005

↑の100均から私の足で60歩くらい進むと
左手に“いきいきステーション”さんがあるので左折します

カムデン1608120006



↓曲がった瞬間もう見えてますよ~♪(右側2軒目です)

カムデン1608120007



はい、中華屋さんの向かい側がカムデンさんです↓

カムデン1608290006
カムデン1608290005

6台分の駐車場あります♪
お車の方は一方通行とかあるのでナビ使ってくださいね~(^_^;)






↓お店の中です(4人×3席、2人×1席、1人×1席、他カウンター3席)

カムデン1608010025

カムデン1608010024

ランチタイムは11:00~15:00です

カムデン1608120013

↓私のお気に入りはBLTタマゴサンド
ボリューミーなサンドイッチにアッツアツのポテトがたまりません~

カムデン1608010021

↓ドリアも激ウマでございます

カムデン1608290009

↓オーナーお手製の陶器のジョッキでいただく生ビールも♪

カムデン1608010020




それでは2階ギャラリーでお待ちしておりますね~ヽ(*´∀`)ノ

カムデン1608010018

[edit]

trackback: -- | comment: --

新・ワークショップのご案内♪ 



陶芸カフェCAMDEN(カムデン)さんでの展示会&ワークショップ
いよいよ来週、木曜日からとなりました

京都では2年連続で素敵なギャラリーで
展示会させていただいておりましたが
関東圏内では初めての個展となります

カムデンさんのマスターが
賑やかなほうが楽しいのでいっぱい持ってきてとおっしゃるので
それならば~と張り切って準備しております♪
今回は隣町で車でバーン!と搬入できますので
制限ナシでのママン・ワールド全開の展示にしたいと思います( ´艸`)







さてさて、同時開催の鳥さんのワークショップですが
皆さまのご希望にそえますよう↓の3パターンを考えてみました



① 茶白さんを作る(@2,000円)

カムデン1608010018

茶白さんはニュージーランド産の羊毛を使います
縮れのあるナチュラルな羊毛は成形しやすく
羊毛フェルト初めての方でも素朴で優しい感じに仕上がります
色などでも悩まないので比較的スピーディーに仕上げることが出来ます








②カラフルな鳥さんを作る(@2,200円)

羊毛1608210008

まず、自分の好きな羊毛を組み合わせて↓③のボディを作り
そこに毛糸や変わり糸などを使ってデコレーションして仕上げます
全てのチョイスを悩みながら楽しんでオリジナルな鳥さんを完成させましょう♪
羊毛フェルトのニードルワーク経験者向きです










③既存のボディにデコレーションする(@2,500円)

羊毛1608210001

↑ここまで出来上がったボディからお好きなものを選んでいただいて
羊毛フェルトでお化粧したり色や形を整えたり
毛糸や変わり糸で心の赴くままあくまでデコだけを楽しみます
初心者から経験者までどなたでも♪
凝ろうと思えばとことん凝れます








カラーの羊毛はいろいろ市販されておりますが
今回は↓の程好い縮れと弾力のある柔らかな発色のものを使用します
(※タッパー内はハマナカのカラフルネップではありません)

羊毛1608210003

しかしながらちょっとばかり色味が可愛すぎかな~と
もちっと“風情”のようなものが欲しいなと思っておりましたら
先日のスピニングパーティーで↓素敵な羊毛発見しちゃいました(喜)
上記の羊毛に合わせて使うと質感にも深みが出るかと思います

展示会1609110003

展示会1609110001

↑こちらのクリクリは頭のチョンチョロリンに良さそうです

羊毛、毛糸、変わり糸、組み合わせは無限大です

羊毛1608210004

・・しかしながら、ワークショップでは場所の制限もあり
テーブルもそれほど広くないので
どんなふうに配置しようかそのへん工夫が要りそうです




ワークショップは9/22(木)、23(金)、24(土)
いずれも12:00~16:00
予約優先ですが
お席が空いていれば当日の参加もOKです♪




次回は「カムデンさんへの行き方」アップいたしますね(^ω^)







[edit]

トリさんの作り方。 




ワークショップご参加の方が“だいたいこんな流れ”と
把握できるよう作り方の記事書きました
長々と書いてますが割とさっさか進む行程ですのでご安心くださいね♪


材料(キット)は当日お選びください。
↓ワークショップで使う用具はこちらで用意いたします

トリ作り方1607210001(1)


①白い羊毛を繊維に沿って割いてキュっと押さえながらクルクル巻いていき
巻き終わったら指で押さえたまま各方向から深く刺して固めます
※針はひねると折れるので真っ直ぐ刺して真っ直ぐ抜きます

トリ作り方1607210002(1)  トリ作り方1607210003(1)



② ①の両脇を指でギュっと潰して縦方向に置きまたキツめに巻いて刺します
縦横と繰り返してボール状にしていきます

トリ作り方1607210004(1) トリ作り方1607210005(1)



③頭の大きさは直径4cmくらい。側面は指で押し少し潰します

トリ作り方1607210015(1) トリ作り方1607210014(1)



④頭と同じ要領でボディを作ります
大きくなってくるのでニードルは時々中心部までブス~!!っと刺しましょう

トリ作り方1607210006(1) トリ作り方1607210007(1)



⑤台座になるカップに乗せてみてちょうど良いくらいの大きさにします
  形もまん丸ではなく頭や尾羽の付く感じをイメージして

トリ作り方1607210008(1) トリ作り方1607210009(1)



⑥嘴を作ります。スポンジの上に羊毛を平にならして長方形に置きます

トリ作り方1607210010(1) 



⑦左上・右上角をそれぞれパタンパタンと中央に向かって倒して三角形にしてチクチク
反対側も刺します。薄い部分には羊毛を足してチクチク

トリ作り方1607210011(1) トリ作り方1607210012(1) 



⑧側面も指の腹で挟むようにして刺し 大小2枚つくります。

トリ作り方1607210013(1) トリ作り方1607210016(1)



⑨ 小さいパーツをつけてから大きいのをつけます。 嘴デカっ!!

トリ作り方1607210018(1) トリ作り方1607210019(1) トリ作り方1607210020(1)



⑩ 嘴の幅で白い羊毛をのせ中央部分を嘴上部に1~2mm被せたラインで刺し
折り返してちょっぴりデコっぱちに。 ここで嘴が少し小さくなります

トリ作り方1607210021(1) トリ作り方1607210022(1)



⑪目の部分を刺し固めてから切り込みを入れ刺し目をつけます
 トリさんの目は正面でなく横に向かってつけます

トリ作り方1607210023(1) トリ作り方1607210024(1)



⑫首部分に切り込みを入れ指で広げてからつける位置や向きなどを決めます

トリ作り方1607210025(1) トリ作り方1607210026(1) トリ作り方1607210027(1)



⑬首と体を接合していきます
ワイヤー中央部にボンドをつけ白い羊毛を巻きつけます

トリ作り方1607210031(1) トリ作り方1607210032(1) 



⑭片側の羊毛部分先端から1.5cmほど縦に切り込みを入れめくり
ワイヤーボンドをつけて深く差し込んでチクチクします
※首側、ボディ側ともに切り込みを入れておきましょう

トリ作り方1607210035(1)  トリ作り方1607210036(1) 



⑮反対側も同様にして頭を押さえながらしっかりと刺しとめ合体させます
グラグラするときは羊毛を足してしっかりと刺し固めます

トリ作り方1607210037(1) トリ作り方1607210034(1)

※一応ボンドは使っていますが羊毛同士を刺し固めて接合します
ワイヤーで針を折らないようご注意ください



⑯尾羽を作ります 縦方向に繊維を整えながらスポンジに羊毛をのせ
尾羽の形をイメージしながらチクチクして形を整えます
スポンジから剥がして反対側も刺します

トリ作り方1607210028(1) トリ作り方1607210029(1)



⑰側面はダンボールに挟んでチクチクしたり指の腹で挟んでチクチクしたり
↓ボディとの接合に使う側はモケモケのままでいいですが
尾羽となる部分は綺麗に刺して形を整えましょう

トリ作り方1607210030(1)



⑱バランスを見ながら尾羽(オシリ)が上がって見えるようにつけていきます

トリ作り方1607210039(1)


⑲同じ色の羊毛でくるむようにしてチクチク。首、胸、側面カバーします

トリ作り方1607210040(1) トリ作り方1607210042(1)



⑳次は背面。別の色でうなじ~尾羽の付け根まで刺します

トリ作り方1607210043(1)



㉑“羽”をイメージして⑲、⑳部分に少し被せるかたちで側面も刺します

トリ作り方1607210044



㉒好みで鼻部分、ほっぺたのピンク、頭頂部のチョロリンをつけ
 カップに“巣材”をのせて完成です

トリ作り方1607210046(1) トリ作り方1607210048(1)



↑基本の一番シンプルな“茶白さん”になります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




※カラフルな鳥さんは↑の⑯以降を好きな色の羊毛で作ります


↓尾羽の色を変えて2枚合わせにしたり

トリ1609060024

↓色味を加えて、ここで完成!でもいいですし

トリ1607280010(1)

↓さらに変わり毛糸でアレンジしたり“植毛”ふうに刺して毳立たり
 デコレーションすることで 風合いに面白さが出ます

トリ1609060011


ではでは皆さま、楽しんで作業いたしましょう~o(^▽^)o♪





[edit]

trackback: -- | comment: --