03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

整理しなきゃ~! 






ずっと“お休み”の予定だったオーダーなのですが
数名の方からお問い合わせを頂きまして
有り難くお受けさせていただくことになりました(〃ω〃)
みなさまのお気持ちにお応えできるよう
精一杯頑張ってお作りさせていただきますね♪

ということでさっそく頂いたワンちゃん猫ちゃんのお写真を
プリントアウトしてイメトレ&ボディ作りを始めたところなのですが
いかんせん、展示会のあと作業部屋をきちんと片付けてなかったうえ
特に今年は鳥さん作る気マンマンで毛糸を新たに11玉も買ってしまい
他にも新たに材料たくさん買い込みすぎてまして・・(^_^;)
リフレッシュしながらいろんな作品を同時進行で作っていきたい私としては
いっぺんキチンとお片付けしなきゃということになりました




とりあえず、一番大変なことになってる毛糸から・・
種類がとにかく多いので全部出しておけないので
使う分だけ浅めの箱にとり置いて残りは全部収納することに。

↓こちらの“野呂英作”と“スキーバンビ”は玉ではなく枷で
両方とも太すぎて使いにくかったのでひと作業加えます
(↓何故かわざわざ狭いとこに入ってきて窮屈そうに寝始めるカブくん)

手芸1610270006

↓ここでカルちゃん参入~!毛糸フミフミしちゃダメですよ~

手芸1610270008

こりゃイカンとタッパーは片付けて
↓まずはカラフルなほう、「スキーバンビ」をチョキチョキして色分けします

手芸1610270010

↓それをまたチョキチョキして“カーダー”で何度も梳かすと・・

手芸1610270007

↓羊毛フェルトの出来上がり~♪

手芸1610270011

↓いろんな色を少しずつ、全部で50gです
始めてから数時間・・手のマメ痛いし体もガチガチに固まっちゃってます~(>_<)

手芸1610270012

こういうストレートなタイプの羊毛は艶があり発色も綺麗ですが
長いまま使うと毛の流れが残ります(どちらかというと植毛向きです)
また、針の穴が気になる場合は仕上げには細針を使います
もともとカラフル系の羊毛フェルトも引き出し3段分持ってるのですが
ストレートなものが多く、一度カーダーかけてふっくらさせてから使わねばで
面倒くさくてただのコレクションになっておりました
ここに合わせて色数増やしたいと思います

ちなみに“野呂英作”のほうは繊維が縮れて短いので
いい感じにマットでシブい茶系の羊毛になってくれそうです
(こんな使い方して野呂英作さん泣くかも~??)

DSC_2797.jpg

手芸1610270003

↑この間ホビーラ・ホビーレで見つけたブークレは1玉なんと1,500円!
ネットで検索すると店頭で買うより安かったりすることもあるのだけれど
こればっかりは現物見ないとダメですもんね(^_^;)




それにしても、やっぱ多すぎ!
いろんなものを少しずつ入れて“素材のお楽しみ袋”を作りましたら
さっそくチャコまむさんが買ってくださったので
慌ててこの記事のこのくだり書き換えましたm(_ _)m
チャコまむさん、有難うございました。素敵な作品作ってくださいね~(´∀`)♪

毛糸1610280005

毛糸1610280004毛糸1610280003







とりあえず今日の記事で書いた羊毛を使った鳥さん5体アップしましたので
↓興味のある方は行ってみてくださいね~♪


minne_b_468_60.gif

↑ネットショップへ(クリックで飛びます)

※作品に関してのご質問・ご要望等はminneのプロフィールの左側の
「作家にメッセージを送る」よりご連絡ください。

・・てか、ブロともさんは直接知ってる方法でご連絡くださ~いヽ(´▽`)/






スポンサーサイト

[edit]

毛のハナシ。 




前回記事でもちょこっと書きましたが
羊毛フェルトで猫さんを作るとき
もっふもふな毛並は植毛をして仕上げています。

ベージュのもふもふお座りさん201504230001(1)  カブくん1504230006(1)

↑実は胴体部分も植毛しているのですが
バストアップ仕上げているうちに握りつぶして潰れております(^_^;)




短毛の子でも最近は(?)植毛するのが主流のように思います。
(↓ポーズを“ぺたんこ腹ばい”に変えてみました)

シマシマの子1505250001

このような同系色のグラデの場合は大丈夫なのですが
先日、白地に黒と茶の三毛さんを植毛したら
カットした後遊び毛が出てきて
取っても取っても白い部分が黒くなり、滲んでしまうので
この方法で仕上げるのは諦めてやり直しとなりました(;_;)
試行錯誤の連続です。
きっちりテクニック身につけたいです。






ところで 今度は猫毛のお話。
↓こちらは「ちゃんちゃんチャコみぃ」
チャコまむさんがオレオくんの毛で作った“シルクハット”です。

シルクハット

ゆぼぼさんの猫毛帽子の型紙&レシピで作っていたのだけれど
オレオくんの毛質のせいか上手くフェルト化しなかったので
フェルティングニードルで仕上げたのだそう(*´ω`*)
すごく上手に出来ていますね。オレオくん、とってもよくお似合いですv
(首元の白い毛が英国紳士のクラバットみたいよん!!)






↓さてさて、こちらは我が家のカルちゃんとカブくんの毛です。

カブカル1505240001 カブカル1505240002

お人形の“芯”にすべく、
とりあえずネットに入れて洗濯機で洗ってみました。

カブカル1505250002

しっかり乾燥させてから使ってみたいと思います。
しかしながら、ネットも洗濯槽も毛だらけになりました。
(ネット役たたず!!二度とやらないぞ~!!)


-- 続きを読む --

[edit]

またしてもお買い物。 







前回もお買い物の記事でしたが
今回もすっごく地味な記事でごめんなさいですm(_ _)m




昨年12月22日のレジンのお教室のとき
UVライトが壊れていたことが発覚しまして
その後、ず~っとレジンはやってなくてほったらかし状態だったのですが
とりあえず 新しいものを購入しました。

DSC201401150005.jpg DSC201401150003.jpg

お値段は何と36W、送料込で2,390円!!
付いてるライト代だけでそのくらいしちゃうので かなりお買い得だったかもです。

「底が引き出し式になっていて便利」との触れ込みでしたが
あまりスムーズには引き出せないので この機能は使わないかな~。
前のは3分タイマーだったのですが 今度のは2分。

どうでしょうね?
・・てか、いつになったら使い始めるのでせう?
買うだけ買って満足しちゃったのでした(^_^;)














それと、近所の手芸屋さんから2割引のハガキが届いたので

なくなりかけた色の羊毛フェルトや糸などを補充しようかと出かけたのだけど
目からウロコの掘り出し物がありましたo(^▽^)o



実は私 一昨年からものすごい愛用している暖かい靴下がありまして
前シーズンは そのヘビー・ユーズドぶりに結局全部穴が空き
泣く泣く廃棄処分となっていたのですが 

今シーズンはお店に数があるうちに同色のものを5足買い
穴があいてもどれかと組み合わせて 何とかもたせようと思っていたのですが
全部かかとが薄~くなって穴があいたりあく直前だったりに。。
で、チクチク塗ったりして急場をしのいでいたところ

↓コレ「アイロン接着の補修シート(420円)」を発見!!

DSC201401180003.jpg

好きな大きさに切り抜いて 裏側からアイロンで接着します。

DSC201401180001.jpg

右端のが表に返した状態です↑ ジャージ用なので柔らかいし伸びる~!!
来シーズンは買い換えなくてこのままイケるかもです~\(//∇//)\





以上、非常に華もなくビンボ臭い記事でありましたが
本人的には大満足なのでありました。








[edit]

蔵前~浅草橋。 






新年明けましておめでとうございます。





昨年の夏から専業主婦になったため 15年ぶりに仕事のない年末年始となりました。
しかしながら、専業主婦というのは家族がお休みの日が“仕事”な訳でして
なので 旦那さんや息子ら~の仕事始めとなった1月6日(月)、
仕入れ&手芸の刺激をもらいに 一人お出かけして参りました。




最初に訪れたのは 蔵前の「木馬」さん。

DSC201401060007.jpg

このディスプレイに垂らしてあるのもレースとリボンです。
↑奥、見えますか? このようにリボンの棚が店内ギッチリ(しかも素敵なのばかり)
中には外人さんのお客さんの姿や 英語で対応している店員さんも。。
木馬のリボンはオートクチュールなどでも使われていて、
世界中から業者さんが訪れるショールームなのだとか。

↓2件隣にもちょっと違った品物が置いてある店舗がありますのでハシゴも楽しいです。

DSC201401060006.jpg

個人でも1m単位で販売してくれるのですが
営業時間が平日の9時~12時、2時~5時半なので そこだけ注意です。











蔵前駅から浅草橋駅方面に向かって大きな通り沿いに歩いていくと
左側に「シモジマ east side tokyo」というビルがあります。

DSC201401060005.jpg

4F、面白いです~。
いわゆる手芸の材料がたくさん売られているのですが
ユザワヤさんとか オカダヤさんとか トーカイのような大手チェーン店では
扱っていない品揃え・・というかチョイスです。
“何でもたくさんある”というのではなくて 
“何じゃこれは?”というものがたくさんあります。

3Fではネットショップなどで使うケースや箱などラッピング用品を物色したのですが
なんとなく踏ん切りがつかず 今回は見送りに。。








しかしながら 通りを渡って反対側を進んでいくと 
また別の「シモジマ・ビル」がありまして ここは梱包資材やラッピング用品がすごい!!
ギフト箱とかもすごい種類があって あーでもないこーでもないと迷いまくり
すごい長居しちゃいました。(でも買ったのは箱3種と紙袋だけ)

DSC201401060001.jpg

↑1階は文房具売り場でした。(箱類は7F、ラッピング用品は6F、5Fだったかな?)









ちょっと戻りますが この通り沿いにはレザー用の金具などを扱うお店もあって
小さなお店なのですが 中には結構お客さんがいて真剣に物色していました。

DSC201401060003.jpg

この界隈は 服飾雑貨やビーズなど いろいろなお店がたくさんあります。













また、浅草橋駅のそばには「貴和製作所・浅草橋本店」が。

DSC201401060002.jpg

すでに疲れ果てて ビーズを見ても全く萌えなくなっていたのですが
さすが本店。。
キーホルダーとか金属パーツは1個売りの他、
大袋入り(100個?)のも扱っておりました。



もはや階段上がって他の商品を見る気力もなく電車に乗り
スカイツリー(押上)駅で乗り換えのときも
ソラマチに寄ろうと思っていたものの そのままスルーして帰ってきたのでした。





今回の戦利品は リボン20種類と羊毛フェルト1個と箱と紙袋でした。
さてさて、今年は何ができるのでしょうか?

今のところ 作り途中のものがたくさんあるのですが
ゆっくり楽しんで仕上げていきたいと思っております。




それでは 今年もよろしくお願いいたします~。







[edit]

バッグチャームになるキーホルダー。 









↓こちらは 前回の記事にてご紹介いたしました
「バッグチャームになるキーホルダー」です。
(なんか、もうちょっと短くていいネーミングはないもんですかね(^_^;)?)

201212060002.jpg

今回は 制作の工程などをアップしちゃいますね。








まずは裁断から。
本来は“革用の包丁”なるものを使うらしいのですが

201212060001.jpg

私は↑このカッターを愛用しています。









そしてレザークラフトには たくさんの専用の道具類がありまして

201212060014.jpg
201212060015.jpg

しかしながら ↑このようなちっぽけな金属の棒1本でも 結構いいお値段なので

201212060016.jpg

必要最小限だけ揃えて “木槌”などは百均のハンマーで代用しています(^_^;)










今回はスタンプも押してみますね。

201212060017.jpg












スタンプが乾くのを待って 革用ボンドで貼り合わせます。

201212060018.jpg
201212060019.jpg

しっかり押さえて乾かします。











次は“カシメ”用の穴をあけます。曲がらないよう気を付けて真っ直ぐガンガン!! 

201212060020.jpg
201212060022.jpg

↑これだけ深くくり抜くのは結構大変で、音が響かないよう工夫もしていますが
ご近所迷惑なので この作業は一日30分くらいにしています。









“カシメ”を綺麗に打つためには

201212060021.jpg

↑上下(両面)にこのような道具を使います。












次は側面の処理。  ヤスリで整えてから

201212060023.jpg
201212060024.jpg

「トコノール」を塗って 乾かないうちにこの棒で磨きます。
両端に付いている丸い輪っかは二重カンなので
このままでも「キーホルダー」としては完成ですが









「バッグチャーム」としても使えるよう、 ↓このチェーン部分を作ります。

201212060003.jpg
201212060025.jpg

実は、力いっぱい ↑この太いチェーンを切っていたため ニッパーが歪んじゃいました。
新たにもう1本購入して これは太いもの専用に・・(^_^;)











チャームと中くらいの大きさの2重カンをジャラジャラつけて 
↓「バッグチャームになるキーホルダー」の完成です~。

201212060026.jpg

せっかくなので、レジンのチャームも装着させてみましょうね。










↓ずっと前に制作した youさんmeさんのチャームをリフォームしてみました。

201212060027.jpg

「カン」部分が外側に出るように クローバーのチャームを付けて
丸カンで連結。

チャームの大きさや形によって 付け方を工夫したりして
いろいろとアレンジするのも楽しいです(*^_^*)v


しかしながら、レジンのチャームは重みがあるので あれもこれも付け過ぎると
重~くなっちゃうので注意が必要なのでした(^_^;)






[edit]